Initial Site

Initial Site

Initial Site

10年間の旅。彗星へ着陸というロマン。

  • 美術事業部 サイトウ2014/11/13 11:05
landing

「彗星よ、こんにちは!」

彗星へ初着陸というニュースが朝の見出しに並んだ今朝。
宇宙という存在に興味や未知のドキドキに胸を踊らせていた子どもの頃と何一つ変わらず、ドキドキワクワク!宇宙って、いくつになっても、ロマン。

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星

8月3日、285キロ離れたところから撮影されたチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星 ESA/Rosetta/MPS for OSIRIS Team MPS/UPD/LAM/IAA/SSO/INTA/UPM/DASP/IDA

人類史上初のこの快挙は、地球から5億950万キロの火星軌道と木星軌道の間にあるチュリモフ・ゲラシメンコ彗星へ、2004年3月の打ち上げから総距離60億キロ、10年間の旅を経て今朝着陸に成功しました。素晴らしい!!

 

アンビリバボー!

ところでこの彗星、秒速18キロ~25キロのとんでもない速さで、自転をしながら複雑な動きをしながら飛んでいるんですって。そんなところへ着陸機フィラエは着陸したのです。

彗星からみたロゼッタの軌道

彗星からみたロゼッタの軌道。着陸時は彗星の自転にロックするように探査機が移動して、図の上の部分から着陸機フィラを投入する。ESA提供のビデオの一コマ。©ESA


雲を掴むとはこういうこと

夢物語のような本当の話。人間捨てたもんじゃないねぇ。
この着陸成功と、彗星観測で何が期待されているのか。地球にもたらされた水は彗星によるものという説があるように、このチュリモフ・ゲラシメンコ彗星も氷を含んでいるそうな。太陽に向かって飛んでいるこの旅路で、氷が水へと変化していく。「水の起源」「生物の起源」の解明への糸口になるかもしれないと期待されている。


Once upon a time …

彗星探査機「ロゼッタ」(Rosetta)と着陸機「フィラエ」(Philae)のアニメが感動的!

フィラエの公式Twitterアカウントは「ロゼッタと離れるのはさみしいけれど、彗星に何があるのか待ちきれない!」とツイート。
フィラエに帰還予定はない。10年間一緒だったロゼッタと離れて、彗星と共に太陽に向かう。少し切ない。これからもフィラエの旅路を応援したい気持ちでいっぱいです。

 


この記事の作者

美術事業部 サイトウ
美術事業部 サイトウ


総記事本数:19

コメントをどうぞ

おすすめ記事

  1. 2af1a7d9bbe73319a6c346c407cdefbf_m
    リモートワークに移行します
  2. ウィルス画像
    横浜のブラック企業 Initial Site(イニシャルサイト)からコロナウイルスで考えたこと。B…
  3. E5DxwzVgVHYHr411581668296_1581668370
    わたしは公家ではありませんでした(多分)
  4. 1b8493ba94ff68762824c3c7274b3128-e1499313795652
    イオンの保存容器はジップロック超えた!?※主観的視点