Initial Site

Initial Site

Initial Site

Photoshopフリーブラシの活用

  • ヨシオカ  2015/03/19 15:20
free

外が暖かい日が続くようになりましたね。

いい天気の時は出かけたい気持ちになりますが、雨も多いのが春。

そんな時はphotoshopでもいじりましょう。

 

photoshopにはいろんな便利機能がありますし絵を描くのにも適しています。

時間が無いけどそれっぽい画像が見つからない!って時に、手段の一つに上げられるのが「自分で描く」。

描ける人描けない人でも、フリーブラシを見つけて描けばそれなりのものが出来たりします。

一つのフリーブラシをご紹介します。

 

Brushes

キャプチャ

こちらはDLしてphotoshopにブラシファイルを読み込めばもう使えるようになります。

紹介画面では、どのブラシがどんな感じに使えばいいのかを紹介されています。

 

実際に使ってみます。

1

一覧の左列上から8番目のブラシをキャンバスに置いてみました。

これは葉や草などの表現に良いブラシのようです。

ということで、明るい黄緑・暗い緑・ちょっと明るい緑の緑4色で、ざかざかとブラシを使ってみました。

キャプチャ

この時点でわりと油絵の草っぽく見えないこともないですね。

1

レイヤー草の下に石造りっぽいのをざかざかと。こちらはphotoshopに最初から入ってるテクスチャの石シリーズを使いました。

乗算や色を重ね合わせてみて、葉の陰を落とします。

2

ここで乗算で、最初の葉に使ったブラシと同じものを使ってより影を濃くしました。

大体完成です。

3

一覧の右列5,4番目のぼかしっぽいブラシで背景青を軽く塗りました。

5

あとは一番上のレイヤーで塗りつぶしでいろんな色でスクリーン等試します。

6
あとはボタンを設置するなりすれば、なんちゃって油絵風背景になります。

ブラシをDLすることで大体30分程度で仕上がる事ができました。

7

今回のアイキャッチ画像も同じくフリーブラシを使っています。

 

フリーブラシはだいたい海外のサイトに多いので、上に貼ったリンク先にて探してみて好みのブラシを入れるのも手です。

もちろん、写真を加工して油絵風にするというのもアリです!(photoshopなので写真加工のが強いと思います)


この記事の作者

アバター
ヨシオカ


総記事本数:28

コメントをどうぞ

知識の記事

  1. Young woman using a laptop computer. Graphic designer. UX design.
    仕事で大活躍のGoogle Chrome拡張機能を紹介
  2. 無題
    WordPressで出力内容が動的に変わる固定ページの<title>を変更
  3. ai_computer_sousa_robot
    【GAS】お手軽なOCRの自動化をスプレッドシートで扱いやすくする
  4. 無題
    暑い、暑いですね、会社(と紙)の話をします。