Initial Site

Initial Site

Initial Site

凍えますね、久しぶりに紙の話をします。

  • M2  2019/02/08 15:55
ダウンロード

お久しぶりです、M2です。
明日は雪が降りそうな雰囲気ですね、やめてくれ頼む・・・
というわけで会社のブログの私物化のお時間です!

 

横浜にマジックフェストがくるーーー!!

グランプリ横浜2019が4月19日-4月21日に開催されることが決定しました!
イベントの概要はこちら マジックフェストはこちら

1-00004

友人がマジックフェスト内メインイベント、
グランプリ横浜2019に参加するので、同行しようかと考えています。
ただ私は本戦を走り切る体力と集中力を持ち合わせていないので
サイドイベントでお茶を濁すのが妥当かなって思ったり。

 

サイドイベントのスケジュールが開示されていないのでなんともではありますが
参加するのにスタンダード・フォーマットのデッキが必要かもしれないこと、
最近、友人たちがスタンダード・フォーマットのデッキを組んだことを思うと
私も久しぶりにスタンダードのデッキを用意しちゃおうかなって?!
スタンダード・フォーマットとは

 

デッキを組むということは・・・

そう、お財布が軽くなるということです。仕方ない・・・
というわけで今回はデッキを組むとしたらいくら掛かるのか?というお話です。

 

デッキ①:スゥルタイビートダウン

今の環境で流行りなのはスゥルタイ(青黒緑)ビートダウン!
ラヴニカのギルド環境時代のゴルガリ(黒緑)ミッドレンジに
《ハイドロイド混成体》を採用!
もともと汎用性・丸さが際立つ対応力の高いデッキタイプでしたが、
こいつで強力なアドバンテージ源を得る事に成功しています。

 

ゴルガリミッドレンジを持っていれば、心理的負担が減るかと・・・
0から組むとなるとかなりつらめ、さらに《ハイドロイド混成体》って
ハイドロイド買うなら

うーーん、ないですね。次いきます。

 

デッキ②:エスパーコントロール

スタンダードに久々に登場した4マナ全体除去の《ケイヤの怒り》を筆頭に、
《屈辱》と除去(妨害)が強力なデッキタイプです。
エスパー(白青黒)という色の万能さと、
コントロールを肯定する《ドミナリアの英雄、テフェリー》が
引き続き環境に存在するためかーなーり、強力なコントロール・デッキです。

お察しではありますが、この強力なやつってのが

テフェリー買うなら

鼻血出るかと思うぐらい、いい値段です。

 

デッキ③:イゼットドレイク

ようやく本題です。上のふたつともいい勝負が出来て、
お安く組むことができるデッキがあるんです!イゼット(青赤)ドレイクです!
採用されるレア・カードの比率が低いため、比較的安価なデッキになります。

任せろ!

任せろ!

クリーチャー(12)
4《弾けるドレイク》
4《奇怪なドレイク》
4《プテラマンダー》
呪文(27)
4《航路の作成》
4《溶岩コイル》
1《最大速度》
4《発見/発散》
3《潜水》
4《選択》
4《ショック》
3《呪文貫き》
土地(21)
1《血の墓所》
8《島》
4《山》
4《蒸気孔》
4《硫黄の滝》サイドボード(15)
3《軽蔑的な一撃》
1《幻惑の旋律》
2《焦熱の連続砲撃》
2《パルン、ニヴ=ミゼット》
2《イゼット副長、ラル》
2《猛竜の幼生》
1《シヴの火》
2《魔術遠眼鏡》

例えばこのリスト、メイン60枚20,110円!
サイドボードはコントロール寄りなようで
高価めのカードが多いものの15枚4,680円。
総計24,790円で組むことができてしまいます!
私は土地・カードは持っていたので
11,420円引きの13,370円ぐらいで組めるのかな?

まとめ

《航路の作成》に依存しているところが脆い印象ですが、
しっかりカウンターを採用できるので
害悪でおなじみの《運命のきずな》デッキにも一方的に
やられないのもいい点ですね(勝てるとは言ってないです・・・

cardimagez (5)

個人的には好きです。

 

というわけで長くなってしまいましたが
PS4よりは安くデッキが組めそうだということがわかりました!
それではまた、nextgame!!


コメントをどうぞ

ゲームの記事

  1. cardimage1
    暑い、暑いですね、会社(と紙)の話をします。
  2. ダウンロード
    凍えますね、久しぶりに紙の話をします。
  3. sick_atsui_businessman
    酷暑ですね、ゲームの話をします。
  4. shinsyakaijin_run_man2
    新年度ですね、ゲームの話をします。