Initial Site

Initial Site

Initial Site

ソースはTwitter

  • サトヒデ2015/09/23 19:54
ソースは?

出所の定かでは無い情報を表す際に、おっさん達の間で「ソースは2ch」という言葉が使われていた時期がほんの少しだけあった。ようするに「真偽不明」。自らが経験したもの以外は全て伝聞であり、他人の情報だ。その情報が真実なのか偽物なのかなんて当事者以外が判断することは難しい。

情報源といえばテレビや新聞やラジオくらいしかなかった昔と違って今では授業中にスマホだって使える。その気になれば1万kmも離れた異国の状況をリアルタイムに観察することだって出来る。誰もが溢れんばかりの情報に接する事が出来るんだ。すごい時代。

しかし悲しむべきかな、その情報を受け止める我々のおつむは過去より格段に賢しくなっているかと言われればそうではなく、伝える側が伝えたいと思った形で拡散している情報を自分の頭で判断しなくてはならない場面が増えている。簡単な操作一つで自分の発言が不特定多数の誰かさんの情報源になってしまう事だってあり得る。

「友達が拡散している話しなんだから多分本当なんだろう」盲目的に行動するべからず。貴方が拡散している根拠のないツイートも、元を辿ればデマかも知れない。ヤマザキの薄皮パンだって販売は終了しないし、Youtube全体が有料化される予定もないし、ましてや110と打ち込んでも通信速度は早くならないのだ。

海外の画像掲示板最大手「4chan」の管理人となる2ちゃんねるの創設者ひろゆき氏が「子供ができたときには「2ちゃんねるを見せない」というフィルタリングをするのではなく、「2ちゃんねるを見せても大丈夫な教育」をしたいと思っています」とTVで宣言した当時、「とは言っても実際どういう教育すりゃいいんだろね?」と思ったけれど、今の自分ならこう解釈するだろう。

「自分の頭を使って判断する癖を付けさせよう」と。流れてきた情報をそのまま受け止めるのではなく、そこに必ず自分の判断を入れよう、判断に際して自分の知識が足りなければ他の人の判断に頼ったっていい。いくらでも調べる方法はあるのだから。
※人付き合いにおいていちいち人の話のソースを求めたり、素直に聞いたり出来ないのはただのめんどくさい人なので上記はあくまで「2ちゃんねるを見せても大丈夫な教育」についての考え方ということだけは明記しておきたい。

世の中には嘘偽りに溢れているし、彼我の立場から見たら見方がまるっきり異なる事実だってたくさんある。流れてきた情報を受け取った際に感じた最初の気持ちは「感情」だが、感情のままにそれをそのまま回りに拡散するべきか否かは一度自分の頭で判断するべきではないかなと思っている。

「ソースはtwitter」であってもその情報は広めるに足るという判断を自分の頭でくだせればそれできっと大丈夫だと思う。


この記事の作者

アバター
サトヒデ


総記事本数:1

コメントをどうぞ

おすすめ記事

  1. 2af1a7d9bbe73319a6c346c407cdefbf_m
    リモートワークに移行します
  2. ウィルス画像
    横浜のブラック企業 Initial Site(イニシャルサイト)からコロナウイルスで考えたこと。B…
  3. E5DxwzVgVHYHr411581668296_1581668370
    わたしは公家ではありませんでした(多分)
  4. 1b8493ba94ff68762824c3c7274b3128-e1499313795652
    イオンの保存容器はジップロック超えた!?※主観的視点