Initial Site

Initial Site

Initial Site

羽生名人

  • ハマダ2015/08/31 22:51
はぶさん

ハマダです。

8月13日、「第17回 京急将棋まつり」に行ってきました。

4日間開催の初日となるこの日は、将棋界のスーパースター羽生善治名人(現4冠)が出演するとあって、会場には多くの人が集まっていました。

私ははじめてナマでご尊顔を拝しましたが、羽生名人の第一印象は、
「色白だな!」
でした。

イベントでは、特選対局と銘打って、ハチワンダイバーの将棋監修などでおなじみの鈴木大介八段が、羽生名人と対局されていました(写真)。

私は鈴木八段にお目にかかるのもはじめてでしたが、第一印象は、
「羽生さんに負けず色白だな!」
でした。

他にも人気の棋士が多く出演しており、特に女流棋士は人気のようで、甲斐智美 倉敷藤花、藤田綾 女流初段、室谷由紀 女流初段※のサイン会では、なかなかに長い行列ができていました。

「みんな色白だな!」
と思いました。

※イベント時。8月25日に女流初段昇段後60勝を飾り、見事二段に昇段されました。おめでとうございます。

なお特選対局の結果は、大盤解説の中村修九段(特に色白じゃない)いわく、「先手・鈴木優勢」とする展開で進みましたが、最後は見事な逆転で羽生名人が勝利。

対局後のインタビューは短めでしたが、ギャラリーも大変盛り上がり、とても白熱した対局だったようです。

ひとつ残念だったのは、実は私は将棋が全然わからないので、全体的によくわかんなかった、ということです。

そもそも、じゃあ何で将棋まつりなんて行ったんだ、という話なのですが、まあミーハー心で羽生さん見てみたかったんですね。スミマセン。

というわけで、全体的に「色白だな!」と思うことが多かった京急将棋まつり。
来年もぜひ参加したいと思った次第です。


この記事の作者

アバター
ハマダ


総記事本数:8

コメントをどうぞ

おすすめ記事

  1. 2af1a7d9bbe73319a6c346c407cdefbf_m
    リモートワークに移行します
  2. ウィルス画像
    横浜のブラック企業 Initial Site(イニシャルサイト)からコロナウイルスで考えたこと。B…
  3. E5DxwzVgVHYHr411581668296_1581668370
    わたしは公家ではありませんでした(多分)
  4. 1b8493ba94ff68762824c3c7274b3128-e1499313795652
    イオンの保存容器はジップロック超えた!?※主観的視点