Initial Site

Initial Site

Initial Site

辛い乾燥の季節!風邪予防には加湿がお勧め

  • マツカナ  2017/01/26 10:59
風邪

こんにちは、営業部マツカナです。

 

寒さもさることながら、乾燥の厳しい季節となってきました。

 

皆さんは風邪、ひいてないですか?

 

ちなみに、私はひきましたよ(笑)

 

頭が痛いし、熱もあるわで、こりゃインフルじゃねーかと、私以上に周りをガクブルさせてしまったのですが、幸運にも陽性反応は出ず、なんとか数日で生還しました( `ー´)ノ

 

あービックリした。

 

とまぁ、こんなわけで新年早々ぶっ倒れてしまった反省として・・・と言ってはなんですが、今回は、風邪に深く関係のある「乾燥」そしてその対策について調べてみたいと思います。

 

 

何故冬は乾燥するのか

乾燥

冬=乾燥の季節。

 

なんていつのまにか常識的に分かってはいますが、そもそも何故冬は乾燥してしまうのかって皆さんご存知ですか?

 

「冬は乾燥する」「暖房を使うと乾燥する」という言葉だけで、何故なのかについては考えた事が無かったなと思い、ちょっと調べてみました。

 

まず冬の時期になると、-50℃にもなる寒いシベリアで発生した「シベリア気団」と呼ばれる高気圧が日本へとやってくるそうです。

 

そしてこの気団が日本海側に大雪を降らせた上に、太平洋側に冷たい空っ風を吹かせるせいで、大気中の水分を全て放出してしまう。

 

だから、空気が乾いた状態になってしまうというのが原因らしいです。

 

そして次に暖房との関係ですが、暖房から出る温風を使用して空気を温めてしまうと、ドライヤーで髪を髪を乾かす様なイメージで、どんどん空気中の水分を飛ばしていってしまうので、余計に乾燥状態を悪化させてしまうそうです。

 

なるほど、こういう理由で冬=乾燥という状態が出来上がっているんですね。

 

 

空気が乾燥するとどうなるのか

個人的には梅雨の時期の、あのジメジメとした空気よりも今の乾燥状態の方がなんだかマシのような気がするのだけれど、それは私が冬っ子だから?w

 

ですが、乾燥した空気の中では、風邪を引きやすくなってしまいます。
ではどうしてそうなるのでしょうか?

 

 

乾燥と風邪の関係

風邪と一言にいっても症状は様々ですが、そのほとんどは、何らかのウイルスに感染することによって引き起こされます。

 

このウイルスなのですが、保有者の咳やくしゃみ等で勢いよく空気中に飛沫がばら撒かれてしまうのはご存知かと思いますが、空気が乾燥してるかそうでないかによって、ウイルスの空気中での滞在時間が変わってきます。

 

湿度が高い状態だと、空気中にばら撒かれたウイルスはわりとすぐに自然落下していきますが、湿度が40%以下になると、ウイルスの水分も蒸発して軽くなる為、なんと30分程度空気中を漂うことになるのだそうです。

 

そんなに漂われたら、誰だって間違いなく吸ってしまいますわな。

 

ただ、例え吸ってしまっても、人間の身体には優秀な防衛機能があるので、本来なら入ってきたもの全部が感染してしまうというわけではないですが、ですがこの乾燥により、その防衛機能も低下させられてしまいます。

 

例えば「喉」なんかはこの時期一番ダメージを受けるのではないでしょうか。

 

鼻炎からの口呼吸で喉の粘膜もが乾燥して炎症みたいな。

 

私もこのパターンでした。。。

 

 

乾燥しないためには

では、乾燥しないためにはどうすればいいのか。

 

答えは簡単、乾くなら潤せばいい!つまり、加湿すればOKです。

加湿

加湿器いろいろ

この時期、お店を覗いてみると高機能なものから、インテリア向けのクールなものや可愛らしいデザインのものまで沢山の商品が、色々なジャンルのお店の店頭に置かれていますよね。

 

一言に加湿器といっっても大きく4タイプがある様です。

 

 

1.スチーム式(加熱式)

一番イメージしやすいものでしょうか。

 

やかんやお鍋でお水を沸騰させると水蒸気が発生しますが、その水蒸気(スチーム)を使用して加湿するするタイプのものです。

 

暖かい湯気で加湿されると、お部屋も温まるので有り難いですね(^^)

 

そして、一番加湿能力は高いと言われています。

 

 

2.気化式

ヒーターレス式とも呼ばれていますが、こちらは上記のスチーム式とは違い目に見えるような湯気はでません。

 

この気化式の加湿器は、内蔵されたフォルターに水分を含ませ、それをファンで気化することにより空気中に放出させて加湿するって仕組みのようです。

 

 

3.超音波式

なんかすごくハイテクな感じがしますが、これは見ずに超音波を当てることにより微粒子化させ、それをファンで空気中に放出させるといった仕組みのものです。

 

いわゆる霧吹きのような・・・熱くない水蒸気みたいな煙がぼーーーっと出る感じです。

 

私が今オフィスで使ってるものがまさにこのタイプなのですが、安いしデザインもいいし、電源もUSBから取れるものも多いので、個人的にはオフィスに置くなら、超音波式がお勧めかなと思います!

 

 

4.ハイブリット式

これは名前の通りって感じですが、気化式とハイブリット式の二つの機能をもった高性能なやつ。

 

基本は気化式みたいな仕組みですが、ヒーターを使って温風にしてから放出するので、スチームの様に高温にはならないうえ、気化式以上の加湿効果があるっていうすごい奴みたいです。

以上、こんな感じで、続々と色々と新しい製品が出ていますが、加湿器を買わなくても、ちょっとした工夫で湿度を上げることもできるようです。

 

例えば、お風呂上り濡れたバスタオルを室内に掛けるとか、コップに水を注いでおいておくとか、そういった些細なことでも随分変わるとのことでした◎

 

 

加湿器を使う上で注意する事

何事も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」というわけで、加湿のし過ぎはアウト。

 

湿度が70%を超えると、外気との差が大きくなりすぎるために、結露が発生する可能性が高くなります。

 

結露はカビの発生の原因になってしまうので、目安は50~60%の間に湿度を保つのがベストです。

 

風邪予防にウイルスの除菌・抗菌も勿論大切ですが、菌が繁殖しにくい環境を作るという点で、湿度にも気を配ってみてくださいね(*’▽’)


コメントをどうぞ

営業部の記事

  1. 1
    立ち仕事(7年)⇒デスクワーク(2年目) ←今ここ
  2. 大阪から横浜への通勤は可能でしょうか
    大阪から横浜へ通勤可能なのか考えてみた
  3. 301011992-e1467866116616
    -2℃!猛暑を乗り切る空前絶後の小技3つ!
  4. 33958247
    懐かしのお菓子って変わってないと思っていました!が実は・・・進化しているみたいです。。

おすすめ記事

  1. ジョブズ4
    人生の点と点をつなげて線にする『自分史』。
  2. スギ花粉
    鼻がムズムズ目がカユカユな花粉症についてまとめてみた
  3. 『テレビ観ないんだよね…』と言うのがかっこいいと思っている人に告ぐ!
  4. 出典:無料壁紙:格闘技がテーマの写真やイラスト画像まとめ(格闘家・ブルースリー)
    ブルース・リーの出身地ってどこだかわかりますか?
  5. 月額課金地獄
    ネットサービスの月額課金地獄沼にハマる方法
  6. ハイビスカス
    ウチナーンチュが沖縄に帰った時に必ず行くお店10選+α
  7. イニシャルサイトコーポレートサイト
    コーポレートサイトをリニューアルしました
  8. なんでもQ
    相談Q&Aサイト「なんでもQ」開発中です!
  9. さんぽすフォトコンペ開催中
    今年もさんぽすフォトコンペ開催しました!

人気の記事

  1. ファミコン
    パズドラ、モンスト、白猫に続く次のゲームは…?
  2. konagaya_20150303
    日常でつい使ってしまう間違えやすい日本語
  3. クロックスの偽物と本物の違い
    クロックスの本物と偽物の違いを比べてみました
  4. konagaya20150513
    初心者でも気軽に登れて絶景が見れる山