Initial Site

Initial Site

Initial Site

梅仕事2016

  • ナベコ  2016/06/27 16:17
梅3

今年も梅仕事の季節がやってまいりました!

6月初旬に有給休暇を頂いて、梅を漬けたのですが、今年は大成功の予感・・・!

趣味のためにお休みを頂ける職場環境に感謝しつつ、梅干しの作り方について語ってみようと思います。

梅4

今年はスーパーで梅を買わずに、自然落下した梅を朝から拾って直送してくれる農家さんから梅を購入しました。

準備するものは

★完熟梅 すきなだけ

★天然塩 梅の量の13~20%程お好みで

※初めて作る時は18%~20%程をお勧めします。減塩はカビが生えやすいので難しいです・・・。

★ホワイトリカー(消毒用)

★赤紫蘇の葉(梅の重量の10%程)と紫蘇用の天然塩(赤紫蘇の18%前後)

★甕やガラス瓶、ホーロー容器等のお好みの漬け容器と中蓋

★竹ざる(干す時に使用します)

梅1

※作業に入る前に容器や計量に使う器具等はホワイトリカーで消毒、塩は計量しておきましょう。

まず梅を綺麗に洗って、ヘタが付いていれば取り除きます。

梅干しの敵はとにかくカビ!水分が残っていると失敗しやすいので、ふきん等を使って水分を拭き取ります。

次に漬け容器に塩と梅を交互に詰めていきます。

梅2

↑は写真用に途中段階で撮影したものなのですが、漬けているうちに塩が自然と下に落ちていく&上の方が漬かりにくいので、下段<上段と塩の量を多くしながら並べていきます。最上段はどさっと被せるようにするのがコツです。

全て並べ終わったら中蓋を被せて、更に蓋等をして、本漬けは終了です。

重石をするか重石をしないかはおうちによって異なるのですが、うちは重石をしません。

梅5

2~3日もすればこんな感じで梅酢が上がってきます!

梅酢が上がるまではちょこちょこ様子を見てゆすったり回したり・・・なるべく早く梅酢が上がるようにお世話をします。梅酢が上がらない時は少し重石をしたり、梅の上下を返したり、色々対策が必要になります。

2週間位したら赤紫蘇を塩もみしてあく抜き⇒梅に投入してそのまま梅雨明けまで待ちます!

image1 (21)

 

梅雨が明けたら、7月中旬~8月中旬を目途に3日3晩土用干しをして・・・

土用干しが終わったら保存容器に移して1年ほど待つ・・・

 

時間も手間もかかりますが、自分好みの梅干しに仕上がりますよ★

上記はナベ流ですが、おうちによって漬け方や味が異なるのも面白いですよね。

 

 

ぜひぜひ皆様も来年は梅干しにチャレンジしてみませんか?!


コメントをどうぞ

生活の記事

  1. IMG_9843
    大人にもサンタはやってくる
  2. DSC_0468
    実は初(笑)大涌谷へ行ってきました!
  3. 魅力的な味噌パワー
  4. IMG_2948
    横浜でイルカと泳ぐ