Initial Site

Initial Site

Initial Site

MRI検査(造影剤付き)の感想と注意点

  • ドイ  2017/02/13 19:58
Doctor scanning mri patient with MRI scanner machine technology

先日生まれて初めてMRI検査を受けてまいりました。
知らなかったことがたくさんあったので、今後受けるかもしれない方の役に立てばと
主観な部分が多いですがまとめてみました。

予約

私は某クリニックでMRI検査を(そのクリニックには機器がないので)検査専門施設で受けるよう指示されたので、
クリニックの看護師さんがその場で予定を聞いて施設へ予約をしてくれました。
希望した日が取れず、診察の数日後となりました。混んでるんだね…。

当日出かける前の注意

メインで撮る部分とかによって変わるようですが、私は検査4時間前から絶食でした。(水やお茶はOK)
検査が11時30分からだったので、朝ごはん食べないでいけばいいや、という感じで特につらくなかったです。
あとは検査着に着替えるので、着脱しやすい服装がおすすめです。
肌着は綿100%のものにしておくと役にたちます。理由は後述。

検査専門施設へ

クリニックで渡された紹介状と保険証を忘れずに持っていきます。
余裕をもって少し早めにつきましたが混んでいたせいか結構待たされましたので、ちょうどでもよかったのかも?

問診

最初はお医者様から問診を受けます。なぜ検査を受けることになったのかの経緯(紹介状に書いてないの?と思いましたが)や
アレルギーや持病の有無、身長体重など。
物凄く紳士的なお医者様で、体重を聞くときなど「大体で良いので、すみません…」とこちらが恐縮するような雰囲気でしたが
これってつまり私の体系的に聞きにくかったのかもしれないと今更思う。デブですまん。

着替え

問診後は検査準備です。
MRIは強力な磁力を使うものなので、それに影響を受けるものはすべてNGなようです。
この後検査本番まで、何度も何度も何度も以下のものがないかという同じ確認をされました。
もし身に着けていたらよっぽどのことが起こるのだな…とちょっと怖くなりました。

【身に着けててはNGなもの】
・金属
→アクセサリー類はもちろんですが、歯のかぶせ物とか骨折とかで体内にボルトが入っているなども箇所によってはNGらしいです。

・メイク
→これは私は特に言われなかったのですが(頭部MRIじゃなかったからかも)、マスカラやアイシャドウは金属が入っているものがあるためNGだそうです。

・タトゥー、アートメイク
→銭湯以外にもNGな場所があったのですね。熱を持ってしまうそうです。

・使い捨てカイロ、エレキバン、湿布
→前二つはなんとなくわかりますが、湿布も金属入ってるの?それとも単に熱くなってしまうのですかね?

・ヒートテック
→これが一番衝撃でした。
この時期はブラの上にヒートテック着て、その上にシャツやニットという女性が多いと思うのですが、これだと検査着の下に何も着ることができなくなります。(私です)
綿100%のキャミやタンクを着ていくとかTシャツを持っていくと安心です。
私は長い目の腹巻をしていたので、それをチューブトップのようにして気を紛らわせました。

・携帯電話、ICカード、磁気カード
→すべて使えなくなってしまうそうです。

再度問診

今回の撮影で造影剤という薬を利用するのでその同意確認でした。
造影剤を使うとよりはっきりと撮れるとのことですが副作用が出る可能性があり、
最悪の場合死に至ることもあるが確率としてはとても低く、万が一症状が出たら早急に対応しますとのこと。

そういった説明を聞いた上で造影剤の使用承諾書にサインをしました。
死ぬ可能性もあるのか…とちょっと怖くなりましたが、検査に必要とプロ(医師)が判断したわけですし、
ここで拒否して病変が解らなかったら意味ないよなあなどと思いながらサインしました。

撮影

いよいよ本番(?)となり、部屋に入ると薄暗い中に大きな機械が。
そこに横たわり、息を吐いた状態で腹部にベルトが巻かれ体を固定されます。
動くと撮影した写真がぶれてしまうので、極力動かず、溜息や深呼吸も禁止と言われます。
クシャミしたくなったらどうしよう…と変に緊張しました。

そしてなぜかヘッドフォンを持ち出す技師さん。
大きな音が出ますので、これを付けてくださいと。
身体が固定されて横になった状態でヘッドフォンつけるのなかなか難しかったです。

さらに色々な器具でがっちり固定されたら、手は胸の上に。
眠れる森の美女ポーズだ…と思っていたら、楕円形で軟式テニスボールのような固さのものを渡され左手に握らされました。
気分が悪くなったりしたらこれを握ってください、すぐに撮影を中止しますとのこと。
中心にブザーのようなものが入っているのだと思いますが、
ゴムが結構固い感じがしたので、強く握りしめないと鳴らなそうだなあ…と不安でした。
(結果的に押すことはなかったのですが)

 

「始めます」の合図とともに寝ている台が動き、楕円の機械の中へ。
と同時にヘッドフォンから音楽が流れだします。
てっきり耳栓替わりなだけかと思ってたので、音が鳴ることに吃驚。
しかもかかっている曲がなぜだか物悲しく情熱的なギター曲で、スペインっぽいな…などと思っていました。

機械の中にすっぽり入ると、天井がすぐ目の前な状態。
目と天井の間が15センチもないのでは?という感覚。
「リミット」という映画を思い出しました。

limit
まさにこんな感じ

 

事前に「閉所恐怖症ですか?」と何度か聞かれて、考えたことなかったので「多分違います」と答えていましたがこれは確かに狭い。
私は全然平気でしたが、苦手な人はかなり怖いだろうな…。

 

そして、本当にびっくりするくらいの騒音!!
ヘッドフォンの音楽、ほぼ聞こえないレベル!!!

例えベタな私の例えですが
・道路工事でアスファルトを割る音
・電車の高架下の音
・映画で「研究施設に何者かが侵入した時になっているアラート」的な音

この三種類が交代でなり続けていました。
景色も変わらないし身体も動かせないので、時間の感覚が曖昧なのですが、多分開始から5~10分くらいで台が動き、一度機械の外へ。
「造影剤を入れての撮影に移ります」と看護師さんが部屋に入ってこられて、右手の手首付近に針を刺します。
手首に注射か…痛いな…と思っていたら、「しっかり持っていてください」と試験管のようなものを右の手のひらに握らされました。
え、点滴なの!
しかも自分で持つの!!
ひえー…

 

「ご気分は大丈夫ですか?」と聞かれましたが、
正直造影剤を入れた直後、一瞬体が熱くなり喉の奥がちくちくする感じがありました。
しかし副作用なのか苦手な注射をされた緊張からなのか自分でもわからなかったので「大丈夫です」と答えました。

 

そして再び撮影へ。

注射や点滴がとにかく苦手で、早く終わってほしいとばかり願っていたので、あまり覚えてませんが
ヘッドフォンの音楽が今度はハワイアンな感じになっていて
「これは『世界の音楽』みたいなCDなのかな…」
とぼんやり考えておりました。

終了し、機械の外へ。固定していた諸々の器具を外し、技師さんが身体を起こしてくれました。
早く点滴抜いてほしいと思ったのですが、「針は別室で抜くのでこちらで」と歩いて移動。
その際ちらりと右手を見たら、試験管と針をつなぐチューブ的なところに血がついていて「(アカン)」となり、
さらに針を抜くとき激痛で「(アカン)」、結果軽く貧血になりました。

ただの貧血だったのですが看護師さんや技師さんが「造影剤の副作用かも」的な雰囲気で動いてくださり申し訳なかったです。
医療関係者の方は本当に優しくてご立派だ…。

 

その後看護師さんに、
・アルコールは今日1日飲んではダメ
・それ以外はなんでも飲食OK。水分をどんどんとって、尿と共に造影剤を出したほうが良い(尿から出るんだ…)
・1週間くらいはこの紙(検査した場所と造影剤の種類が書かれたプリント)を持ち歩くように
という注意をうけました。

会計

1万数百円でした。
事前にネットで調べて1万円くらいだったので、プラス造影剤で1.5万くらい行くかと思っていたのでちょっと安心しました。
3割負担でこれなので、自主的に受けようと思ったらものすごくお金がかかりますね。
自主的に受けるものなのかは解りませんが…。

総括

基本的に寝ているだけの楽な検査ではありますが、狭いところや騒音が苦手な人にはかなりきつそうです。
造影剤もびびっていましたが現時点で何も起こっていません。
全て終わって施設を出たのが13時前だったと思うので、待ち時間会計時間含め1時間半弱の滞在でした。
結構混んでいたので、人が少なければもっと早く終われそうです。

 

以上、今後検査を受ける際の参考になれば幸いです。

 

終わった後、水分を取ろうとカフェでコーヒーを飲んだのですが
椅子に座ってほっとした瞬間、物凄い疲れていることに気が付きました。
ほぼ動いていないのになんでだろう?と不思議でしたが、
死ぬ可能性がゼロじゃない検査で少なからず緊張していたようです。
ビビりすぎな自分が情けない。


コメントをどうぞ

生活の記事

  1. スギ花粉
    鼻がムズムズ目がカユカユな花粉症についてまとめてみた
  2. Doctor scanning mri patient with MRI scanner machine technology
    MRI検査(造影剤付き)の感想と注意点
  3. スポパッド 2
    クリロナと一緒にライザップ気分
  4. 風邪
    辛い乾燥の季節!風邪予防には加湿がお勧め

おすすめ記事

  1. ジョブズ4
    人生の点と点をつなげて線にする『自分史』。
  2. スギ花粉
    鼻がムズムズ目がカユカユな花粉症についてまとめてみた
  3. 『テレビ観ないんだよね…』と言うのがかっこいいと思っている人に告ぐ!
  4. 出典:無料壁紙:格闘技がテーマの写真やイラスト画像まとめ(格闘家・ブルースリー)
    ブルース・リーの出身地ってどこだかわかりますか?
  5. 月額課金地獄
    ネットサービスの月額課金地獄沼にハマる方法
  6. ハイビスカス
    ウチナーンチュが沖縄に帰った時に必ず行くお店10選+α
  7. イニシャルサイトコーポレートサイト
    コーポレートサイトをリニューアルしました
  8. なんでもQ
    相談Q&Aサイト「なんでもQ」開発中です!
  9. さんぽすフォトコンペ開催中
    今年もさんぽすフォトコンペ開催しました!

人気の記事

  1. ファミコン
    パズドラ、モンスト、白猫に続く次のゲームは…?
  2. konagaya_20150303
    日常でつい使ってしまう間違えやすい日本語
  3. konagaya20150513
    初心者でも気軽に登れて絶景が見れる山
  4. BBQ
    グループ会社合同フットサル&バーベキュー大会に参加しました(BBQ編)