Initial Site

Initial Site

Initial Site

ビリギャル

  • マツモト  2015/12/29 18:33
imgres

こんにちは。開発部マツモト(ヨ)です。

 

今年もあと数日ですがあっという間の一年でした。
色々な出来事がありましたが、例えば流行語大賞で言えば、「爆買い」「トリプルスリー」が受賞しました。
そして流行語には届きませんでしたが、今年映画で話題!?になった所で、「ビリギャル」がありました。

 

前置きが長くなりましたが、今回はこの「ビリギャル」についてのお話です。

実を言うと、とある上司に「大世界史 現代を生きぬく最強の教科書」なる本を借りました。この本の作者は皆様もご存じの池上彰氏と、「外務省のラスプーチン」と呼ばれた佐藤優氏の対談本です。「ビリギャル」についてはこの本からの抜粋となります。

 

さて「ビリギャル」ですが、ご存知の通り、学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話ですが、この内容を聞いて一種の感動話と思いがちですが、結局のところ彼女は中学受験もしていて、私立校に学費が出せる程度の経済力のある親がいて、母親も教育熱心である。という3つの条件を持っていました。

 

彼女はとても努力をし、もともと能力も高かったと思います。
この話を悪く言うつもりは決してありませんが、「そりゃ慶應いくわ!」と思いました。

 

彼女の努力・能力もさることながら、中学受験をし、私立校の学費が出せる親を持つ事ができたという環境。つまり「格差社会」「経済格差」が受験産業には確実に影響を及ぼしているそうです。

 

なんだかとても難しい話をしてしまいましたが、たまに本を読むと色々な角度の見方が出来るなと思いました。

 

そして受験も大切ですが、学校卒業後の人生の方が長いので、今を充実したいと思いました。

今年最後に真面目になってしまいましたが、皆さまも来年も良い年にしましょう!

それでは!!


コメントをどうぞ

ブログの記事

  1. generate
    2月4日は世界がんデーです
  2. 64585
    ソロウェディングしてきました
  3. DSC_0341
    来年に向けて
  4. ゾゾマリン 
    The boys are back in town