Initial Site

Initial Site

Initial Site

アカデミー賞から見る世界平和とAmazon

  • シンヤ  2017/03/07 20:27
2017 アカデミー

以前「テレビ観ないんだよね。」と言ってたら・・・

 

村上さんにこんな当てつけ記事を書かれた営業部のシンヤです。

 

それでもやはり、ジックリとテレビを観る習慣がつきそうにない僕に、同期のカッキーさんが教えてくれましたサービス。それが・・・

 

amazonプライム!!
おすすめです、映画見放題であまり興味なくてもサクッと鑑賞できます。

 

お買い物も送料無料で音楽も聞き放題で年会費3,900円!!

 

教えてくれたカッキーさんありがとうございます!!

 

映画といえば、先月アカデミー賞で誤って映画タイトルを発表してしまうという、歴史に残る失態がニュースを騒がせていました。

 

誤って発表された『ラ・ラ・ランド』はぬか喜びだったでしょうが、正式に受賞された『ムーンライト』はサプライズ演出だったと思います。

 

結果今回のアカデミー賞の失敗のおかげで、『ラ・ラ・ランド』も『ムーンライト』も良い宣伝になったのではないかと推測しております。

 

 

 

第66回アカデミー賞12部門ノミネート シンドラーのリスト

 

Amazonプライムでアカデミー賞特集をしていたので、この休みに1つ映画鑑賞しました。

 

今回見たのは『シンドラーのリスト』という映画です。

 

有名なのに見た事なかったの?なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ええ初めて見ました。

 

内容はネタバレになるので書けませんが、ドイツ軍によるユダヤ人の虐殺を目の前に、シンドラーという人間の善と悪の葛藤を描いた映画で、監督がスピルバーグ、主演がスターウォーズのオビワン役をやっていたリーアム・ニーソン、音楽がジュラシックパークのジョン・ウィリアムズという豪華メンバーです。

 

見る方によって印象は様々かと思いますが、全編ほぼモノクロで私にはメッセージ性が強く引き込まれてしまい、人間は怖い事が出来る生き物なんだと再認識しました。

 

スピルバーグ本人もユダヤ系アメリカ人という事もあり、彼のこの映画にかける気持ちには力が入っていたのではと想像します。

 

 

 

『この世界の片隅に』の功績

のん(能年玲奈)が主演声優を務めている『この世界の片隅に』のヒットは、戦争の現実を若い世代へ伝える良い機会となったのではないでしょうか。

 

私が広島出身という事もあり、映画から読み取れる情報量は多かったと感じますし、映画を見に行った際の年齢層の広さには驚かされました。

 

この世界の片隅にの描写は、当時の事を知る方を徹底的にリサーチし忠実に再現されているとの事、原爆ドーム前の描写なんかは今でもあまり変わってない部分も多く、とてもリアリティー再現されていると私でも思いました。

 

広島の原爆での死者数は、正確には資料が焼けてしまい不明との事ですが、戦没者名簿には30万人にも上る名前が記入されています、前出しましたユダヤ人の死者数は600万人との事です、本当にいたたまれない現実ですね。

 

 

 

Amazonプライムのおすすめ

 

戦争当時を知る方は高齢となり、リアルな情報が失われてしまう部分があるでしょう。

 

そこで過去の現実を後世に伝える手段として、映画という文化や様々なメッセージを伝える場として、アカデミー賞の偉大さを実感しまいました。(実感するのが遅くてごめんなさい)

 

映画を見る手段は様々ですが、私は気軽にいろんな映画を見る事ができるAmazonプライムがおすすめです。まだ利用されてない方は検討してみてはいかがでしょうか。


この記事へのコメント

    • スピルバーグ監督 さん
      2017年3月14日 1:23 PM
    • 返信

    どうも、映画はよく見ますが映画監督はスピルバーグくらいしか知らない男です。

    シンドラーのリストは私が小学生のときに見た記憶があります。

    第66回は1994年なので今から22年前の受賞した年にテレビ放映されたものと思われます。

    内容については、今でも忘れることがないほど当時の私にとって衝撃的でした。

    もし自分があの時代に生きていたらどうやって生き残るかなど、小学生なりに考えていました。

    私は映画のタイトルや出演者や監督名などを覚えるのがとても苦手ですが、この作品のように濃い映画の内容は何年経っても覚えています。

    何年経っても人の記憶に残る映画がいい映画なのかもしれませんね。

      • シンヤ さん
        2017年3月22日 5:15 PM

      コメントありがとうございます!
      小学生でこの映画を観るとわ凄いですね、トラウマになってしまいそうですね…
      私も小学生の時に『はだしのげん』という漫画を見てスピルバーグ監督さんみたいな感想だったのを思い出しました。
      今の小学生はどんな事に衝撃を受けているのか気になってきました。

コメントをどうぞ

ブログの記事

  1. ke-ki
    子供の頃想像してた自分、むしろ半年前の想像とも全然違う自分がいて人生って面白い
  2. fukuzumi_20170621_1
    やって後悔。やらずに後悔。
  3. DSC_0731
    戻ってまいりました
  4. 実家の母から寝不足だと連絡がきました

おすすめ記事

  1. ジョブズ4
    人生の点と点をつなげて線にする『自分史』。
  2. スギ花粉
    鼻がムズムズ目がカユカユな花粉症についてまとめてみた
  3. 『テレビ観ないんだよね…』と言うのがかっこいいと思っている人に告ぐ!
  4. 出典:無料壁紙:格闘技がテーマの写真やイラスト画像まとめ(格闘家・ブルースリー)
    ブルース・リーの出身地ってどこだかわかりますか?
  5. 月額課金地獄
    ネットサービスの月額課金地獄沼にハマる方法
  6. ハイビスカス
    ウチナーンチュが沖縄に帰った時に必ず行くお店10選+α
  7. イニシャルサイトコーポレートサイト
    コーポレートサイトをリニューアルしました
  8. なんでもQ
    相談Q&Aサイト「なんでもQ」開発中です!
  9. さんぽすフォトコンペ開催中
    今年もさんぽすフォトコンペ開催しました!

人気の記事

  1. ファミコン
    パズドラ、モンスト、白猫に続く次のゲームは…?
  2. konagaya_20150303
    日常でつい使ってしまう間違えやすい日本語
  3. クロックスの偽物と本物の違い
    クロックスの本物と偽物の違いを比べてみました
  4. konagaya20150513
    初心者でも気軽に登れて絶景が見れる山