Initial Site

Initial Site

Initial Site

サイト売買!WEB屋のメモ帳

  • ヤスダ  2015/07/31 17:03
gf1420316380w

こんにちは。

サイト売買って知ってますか?
WEB屋の保田です。

どんな商品をどんなときにでも簡単に売買できるWEB。意外なものに高値がつくこともあります。実は、「個人が運営するwebサイト」を売買しているサイトがあるんです。

google[ サイト売買 ]って検索してみましょう。

僕は職業柄、ページあたりの表示件数は50件に設定しています。
中には、サイト売買についての記事とかもありますが、
50件ずらーっと「サイト売買」の専門サイトが並びます。

(´・ω・`)「けっこう市場があるものなんだ!」

■サイト売買の代表サイト
【サイトM&A】http://www.sitema.jp/
【サイトストック】https://sitestock.jp/
【サイトキャッチャー】https://sitecatcher.net/

(´・ω・`)「僕がここ数年チェックしてるサイトはこの3つぐらい。」

■サイトM&Aの特徴
・完全に仲介してくれる。
・電話対応ある。
・GMOさんだし、業界トップ。
・仲介料金は他に比べて高い。
・基本料金があるので、低価格のサイトだと赤字になるため安いサイトの登録はない。

(´・ω・`)「高い買い物になるだろうし、安心感ってのは大事なあ。」

■サイトストック、サイトキャッチャーの特徴
・仲介してくれる案件もある。
・仲介料金は中程度。
・案件数が多い。安いのもある。
・中にはすごく割高なサイトもある。
・割高なサイトを買ってしまわないように、WEB屋としての経験が必要。

(´・ω・`)「ちゃんと収入やアクセスのエビデンスもらわないと心配。」

(´・ω・`)「でも、細かく資料請求してると、他の購入者に先を越されてしまうジレンマ」

■サイト価格の目安は?
経費どんくらいかかるのかとか、人的コストいくらかかるのかとかで違ってきますが

(´・ω・`)「10ヶ月ぐらいでペイできる価格ぐらいが妥当だと思う。利回りすごい。」

良いサイト掴むのか、悪いサイト掴まされるのかは、自分の腕次第。

■自分のサイトを査定してもらいました。

1ヶ月なんもしないで1000円入ってくるサイトを査定してもらいました。

(´・ω・`)「10万円だってさ。」

簡単に売れるんだったら、売ってしまいたかったですが、
ドメイン移管、サーバー変更、手間のかかる作業が多い!

もう1桁違わないとやる気になりません。100万円で売れるサイト作るぞー!

次回もWEB関連の記事を書く予定です。

WEB屋の保田でした。


この記事の作者

アバター
ヤスダ


総記事本数:12

コメントをどうぞ

知識の記事

  1. Young woman using a laptop computer. Graphic designer. UX design.
    仕事で大活躍のGoogle Chrome拡張機能を紹介
  2. 無題
    WordPressで出力内容が動的に変わる固定ページの<title>を変更
  3. ai_computer_sousa_robot
    【GAS】お手軽なOCRの自動化をスプレッドシートで扱いやすくする
  4. 無題
    暑い、暑いですね、会社(と紙)の話をします。