Initial Site

Initial Site

Initial Site

LINE@について調べてみる

  • モリヤ  2018/05/25 19:02
iPhone7katate_TP_V1

こんにちは
開発部のモリヤです。

 

皆さんは家族や友人と連絡を取るときはどういった手段をとりますか?

自分はもっぱら「LINE」を使って連絡を取っており、電話やメールを使う機会は本当に減りました。

 

LINEは国内のアクティブユーザー数が他のSNSサービスよりも高いといわれており、同年代であればほとんどの方が使っているというのも大きいですね。

2018年3月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

 

このLINEから、面白いサービスが提供されているのでご紹介したいと思います!

 

個人用ビジネス向けアカウント「LINE@」

LINE@は、ビジネス向けのLINEアカウントです。
ユーザーに向けて一斉にメッセージやLINE限定のクーポンを送信でき、2017年4月現在では21万店舗に登録されています。特に飲食店、美容室、エステなどの店舗系ビジネスの企業ではLINE@の活用が効果的です。

(引用:5分でわかるLINE@(ラインアット)とは?

自分が発信元となり、友達追加したユーザに対してメッセージの一括送信やクーポンの提供などが可能になるようで、個人経営者や小規模なイベント活動などで使えたりするのかなーといった感じです。

 

こういった操作について、すぐに思いつくのは様々な企業の「LINE公式アカウント」になりますが、それとの違いについて調べてみたところ、最大の違いは「費用面」となるようです。

 

LINE公式アカウント
初期費用:800万円~
月額費用:250万円~

LINE@
初期費用:特になし
月額費用:フリー(無料)、ベーシック(5,400円)、プロ(21,600円)

 

・・・桁が違いますね(汗

 

というか、LINE公式アカウントってこんなに費用かかるんですね、これじゃ個人企業はとても使えませんね・・・

その点をマイルドにして、個人経営者さんでも似たような機能を使ってもらおうと提供されたのがLINE@になるようですね~

費用が安い分やはり色々と制約があったり、そもそも個人経営者さんの場合友達を集められないなどといった問題もあるようですが、うまく活用すれば広告費用の削減など夢が広がりますね!

LINE@公式ブログ 成功事例やインタビュー

 

 


この記事の作者

アバター
モリヤ


総記事本数:11

コメントをどうぞ

知識の記事

  1. Young woman using a laptop computer. Graphic designer. UX design.
    仕事で大活躍のGoogle Chrome拡張機能を紹介
  2. 無題
    WordPressで出力内容が動的に変わる固定ページの<title>を変更
  3. ai_computer_sousa_robot
    【GAS】お手軽なOCRの自動化をスプレッドシートで扱いやすくする
  4. 無題
    暑い、暑いですね、会社(と紙)の話をします。