Initial Site

Initial Site

Initial Site

ウィスキーとハイボール

  • イシイ  2015/01/29 19:24
lgf01a201401030900

最近、年齢を重ねてきてウィスキーを良く飲むようになってきた。

なかでも、スコットランド(アイラ島)で作られている「ラフロイグ」という癖の強いのが好み。

国産のウィスキーも好きですが、ちょっと高め。なかなか買うことができません。

 

それまでは、ウィスキーには敷居が高いイメージがあったのでもっぱらハイボールを飲んでいました。

みなさん、ご存じのようにハイボールはウィスキーをソーダ水で割ったもの。

サントリーがウィスキーの売上が伸び悩んでいた時期、若者たちをターゲットにウィスキーを気軽に飲んでもらおうと開発したものと以前テレビで見た覚えががあります。

goods_kaku_hbjug_main

 

ハイボールを作るのに向いているウィスキーは「サントリーウィスキー角瓶」だそうな。

他のウィスキーは、香りを楽しむためそのままで飲んでもらいたいらしい。

度数が高くて飲めない人は、常温の水で割るのが良く冷水はNGだそうです。

 

そんなウンチクを武装した私が、ある日行ったお店には様々な種類のウィスキーを使ったハイボールがメニューにあった。

中には、「山崎」「白州」の名前も。

「もったいない」「そのままの方が美味しいのに」と、思いながらも山崎12年のハイボールを注文。

 

結果。

美味しい!(ロックにはかなわないけれど)

なんでも自分の舌で味わってみないとわかりませんね。

ただ、良いお酒を使っているので庶民的なハイボールなのに良い価格でした。

今では、自宅でウィスキー、お店ではハイボールとなっています。

 

さて、今週末もウィスキー飲もうかな?あと焼酎も。


コメントをどうぞ

グルメの記事

  1. IMG_9278
    気になるお店
  2. 19-04-30-13-14-15-565_deco
    有給休暇を使わせてもらって『 上野 』へ行ってきた!
  3. こてーじ
    鎌倉散策食い倒れ日記
  4. DSC_1377
    アフタヌーンティーにいってきました