Initial Site

Initial Site

Initial Site

iPhoneを探す

  • カドクラ  2014/07/31 17:21
a

突然ですが、私はよくなくしものをします。
なくしものの中で困るものの上位に携帯電話があると思います。

私はiPhoneを使っているのですが、今までで実は4回なくしています。
そんなときとっても便利な機能が、「iPhoneを探す」機能です。
この機能のおかげで、私の携帯は4回中3回は戻ってきました。
この経験をもとに次回なくした時のため、iPhoneをどのように見つけるかについてまとめておきたいと思います。

 

■充電はなるべくフルにしておくようにする

何は無くてもまずは充電です。
0になってしまったら見つけることは不可能に近くなります。
日頃から、モバイルバッテリーを持ち歩くなどしてください。
喉元すぎれば熱さを忘れると言いますが、正直これが一番大切です。

 

【楽天市場】電源・充電器 | デイリー売れ筋人気ランキング

 

■「iPhoneを探す」機能、位置情報サービスをONにする

「iPhoneを探す」機能というのは、iPhoneの[設定]→[iCloud]→iPhoneを探すをONにしておけば、すぐに使うことができます。
ただし位置情報サービスがOFFになっていると使えませんので、かならずこの2つはONにしておいてください。

 

■ PCからiPhoneを探してみる

まずは、
① https://www.icloud.com/ へアクセスします。

② ログイン画面が表れますので、 Apple ID /パスワードを入力します。

③ iPhoneを探すをクリックします。

④ 地図上にiPhoneの位置が表示されます。

 

■サウンドの再生

近くにあるかもしれない場合、まずはサウンドの再生をクリックしてみてください。
かなりの大音量で、どきっ!とする音が鳴ります。
それでも見当たらない場合は、↓へ。

 

■ iPhone紛失モードの設定

スクリーンショット 2014-07-31 16.41.30

① 赤枠で囲った「i」ボタンをクリックします。

スクリーンショット 2014-07-31 16.49.37

② 紛失モードにします。
まずはパスコードを入力しiPhoneをロックします。

③ 連絡先の電話番号を入力します。
拾ってもらった人から電話をもらうために、通じる電話番号を入力します。
この電話番号は、ディスプレイに表示されます。

③ メッセージを入力します。
拾ってもらった人に読んでもらうためのメッセージです。

おすすめは、

a.「このiPhoneは紛失したものです。大変お手数ですが、見つけた方は000-0000-0000までお電話いただけますか。」
b.「このiPhoneは紛失したものです。見つけた方は000-0000-0000までお電話ください。謝礼をお渡しします」
→このbの方の文章は、中国で紛失した時に、中国在住の友人が作ってくれたメッセージです。
所変われば・・・ですね。

④ サウンドの再生
しばらく待ってみて誰からも連絡がこなかった場合、賭けですがサウンドを再生してみましょう。
いい人が気づいてくれれば電話をしてくれるでしょう。
気づかれたくない場合は、マップをたよりに自分で取りにいきましょう。
マップを見ながらiPhoneに近づき、サウンド再生して見つけて回収です!

私はこの方法で3回はiPhoneが返ってきたので、ぜひお試しくださいね♪


コメントをどうぞ

ツールの記事

  1. raspi_fan
    Raspberry Pi で試してみたこと
  2. ai_search
    【GAS】OCRを使った画像の文字取得を自動化する
  3. dance_shoot_dance
    【難しくない】GASでwebスクレイピングして正規表現でデータを集める
  4. bg_kaitenzushi
    【GAS】Gmailの添付ファイルを自動でGoogleドライブへ保存する