Initial Site

Initial Site

Initial Site

XAMPPのローカル環境を同じ社内LAN内の別PCからアクセスする方法

  • モリヤ  2019/07/18 13:35
startup-593296_960_720

こんにちは
開発部のモリヤです。

自分はXAMPP+Eclipseを使ってローカル環境を構築し作業を行っているのですが、
先日、自分の作ったローカル環境を同じ社内LANに接続している別のPCで表示する必要があったので手法をご紹介します。

使用するPCのIPアドレスを調べる

まずは自信が使用するPCのIPアドレスを調べます。

調べ方は、
・コマンドプロンプトを立ち上げる
・「ipconfig」と入力
・表示されたIPアドレス(192.168.XXX.XXX)をメモ
sc031

各種ファイルに定義追加

以下のファイルに定義を追加していきます。
C:\xampp\apache\conf\httpd.conf
C:\xampp\apache\conf\extra\httpd-xampp.conf
C:\xampp\apache\conf\extra\httpd-vhosts.conf
C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

※上記は自分が使っている環境のパスの為、各々の環境で読み替えてください。

①httpd.confに、外部からリクエストを受けるポート番号を定義

Apacheが外部からリクエストを受け付けるポート番号を下記のように記述します。
ポート番号は、他の機能と競合していない番号を設定してください。

  1. #
  2. # Listen: Allows you to bind Apache to specific IP addresses and/or
  3. # ports, instead of the default. See also the
  4. # directive.
  5. #
  6. # Change this to Listen on specific IP addresses as shown below to
  7. # prevent Apache from glomming onto all bound IP addresses.
  8. #
  9. #Listen 12.34.56.78:80
  10. Listen 80
  11. Listen ポート番号

 
※ポート番号が競合しているか確認するには、コマンドプロンプトを立ち上げ、以下を入力、レスポンスが空で返ってくればOKです。

  1. netstat -an | find “:<ポート番号>”

 
 

②httpd.confに、ホスト名を定義

Apacheサーバが自分自身のホスト名を示す時に使われる名前を定義します。
事前に調べたIPアドレスと、①で定義したポート番号を記述してください。

  1. #
  2. # ServerName gives the name and port that the server uses to identify itself.
  3. # This can often be determined automatically, but we recommend you specify
  4. # it explicitly to prevent problems during startup.
  5. #
  6. # If your host doesn’t have a registered DNS name, enter its IP address here.
  7. #
  8. ServerName IPアドレス:ポート番号

 
 

③httpd-vhosts.confに、名前ベースの仮想ホストの設定

アクセス先のIPアドレスに対して、名前ベースの仮想ホストを設定していることを表すために定義します。

  1. #
  2. # Use name-based virtual hosting.
  3. #
  4. NameVirtualHost *:80
  5. NameVirtualHost *:ポート番号

 
 

④httpd-vhosts.confに、ServerName毎の個別の設定

ServerName毎に個別の設定を下記のように定義します。
設定したいディレクトリ“はEclipseの該当プロジェクト名を、
サーバ名“はわかりやすい名前を設定してください。

  1. <VirtualHost *:80>
  2. DocumentRoot “C:/xampp/htdocs”
  3. ServerName localhost
  4. </VirtualHost>
  5. <VirtualHost *:ポート番号>
  6. DocumentRoot C:/xampp/htdocs/設定したいディレクトリ
  7. ServerName サーバ名
  8. </VirtualHost>
  9. <Directory “C:/xampp/htdocs/設定したいディレクトリ”>
  10. order deny,allow
  11. allow from ALL
  12. </Directory>

 
 

⑤hostsに、IPアドレスに対するホスト名の定義

IPアドレスとホスト名を下記のように定義します。

  1. # localhost name resolution is handled within DNS itself.
  2. # 127.0.0.1 localhost
  3. # ::1 localhost
  4. IPアドレス サーバ名

 
 

⑤httpd-xampp.confに、ローカルネットワーク内のアクセス許可

New XAMPP security conceptを下記のように修正します。
※元々の記述は#をつけてコメントアウトしておくと、元に戻す際に簡単です。

  1. #
  2. # New XAMPP security concept
  3. #
  4. <LocationMatch “^/(?i:(?:xampp|security|licenses|phpmyadmin|webalizer|server-status|server-info))”>
  5. #Require local
  6. ErrorDocument 403 /error/XAMPP_FORBIDDEN.html.var
  7. Order deny,allow
  8. Deny from all
  9. Allow from 127.0.0.1
  10. Allow from IPアドレス
  11. </LocationMatch>

 
 

⑥アクセス確認

全ての設定が完了したら、以下のURLを入力すればアクセスできます。

  1. http://IPアドレス:ポート番号

sc033
 
 
 

注意点

アクセスできない場合は下記を確認してください。
・ポート番号80がすでにSkypeなど他で使用している。
・プロキシサーバを使用している。
また、他PCからアクセスできない場合は、ファイアウォールの設定などの可能性があります。


コメントをどうぞ

技術の記事

  1. mac-459196__340
    WordPressで出力内容が動的に変わる固定ページのを変更
  2. startup-593296_960_720
    XAMPPのローカル環境を同じ社内LAN内の別PCからアクセスする方法
  3. 呪文
    実は俺、、、ホイミ使えます。
  4. printscreenFTHG9249_TP_V
    JSON形式でPOSTされたデータの受信方法